■学校の概要
●校名 鳴瀬桜華小学校 
(1)校名決定の経緯
 一般公募を行い,応募された案の中から統合準備委員会総務部会において候補の選考を行い,市,教育委員会において決定した。
 
(2)校名に込められた願い
 市花である桜は,学区内に多く群生しており復興のシンボルとしてふさわしいこと,毎年春に咲くきれいな桜の花に,安心して暮らせる平和な地域のイメージを重ね,子ども達の成長を願う思いを込め「桜華」を採用した。
 また,子どもたちには,鳴瀬地区の歴史を未来につないでほしいという願いを込め「鳴瀬」という言葉を付けた。
 
(3)提案者 櫻井 京子様
 
●開校記念日 9月6日    ●創立記念日 4月1日
●校木 黒松
●学区の概要
(1) 東松島市の市及び地勢の概要
 宮城県の中央東部,石巻市の西隣に位置し,北は南郷町,西は松島町と接し,南は太平洋に面している。東日本大震災以前は,「母なる川」として親しまれてきた定川沿いに水田が開けていた。また,石巻,仙台圏との交通の便がよいことから,都市近郊型農業による野菜栽培が盛んで,ネギやトウモロコシ栽培では県内トップクラスの出荷量を誇っており,現在はその復興を目指している。
 市の西部は,北西から南東にかけて走る松島丘陵と,箟岳旭山環状丘陵のうちの大高森(105.8m)を最高とした60m以上の丘陵との間を北から南東に流れ太平洋に注ぐ鳴瀬川,吉田川の両岸小野地区において谷状に発達した平野が開け,下流の浜市と野蒜地区においてやや幅広い海岸平野を形成している。
 鳴瀬川の本市流域における河床は漸次堆積作用によって高まり,天井川の様相を呈し,今日までに幾度か洪水の原因を成したが,河川改修により堤防が高くされた。また,南部宮戸地区の海岸線は屈曲に富んで著しく風光明媚であり,奥松島と総称される。特に,大高森や嵯峨渓の景観が有名である。浜市地区には明治時代の野蒜築港跡がある。
  
(2)東松島市沿革の概要
 藩政時代は,伊東・富田両氏(小野本郷),剣持氏(野蒜),和田氏(宮戸)などの藩士の所領となっていたが,明治四年廃藩置県により,仙台県の管轄に属し,翌5年より宮城県の管轄に属することになった。
 明治22年4月1日,市町村制の施行により,藩政時代の村は,赤井村,大塩村,鷹来村,小野村,野蒜村,宮戸村の6か村となり,昭和15年には,鷹来村は,矢本町となる。さらに昭和30年5月3日,矢本町,赤井村,大塩村の3カ村が合併して,矢本町となり,小野村,野蒜村,宮戸村も合併して町政を施行し,町名を鳴瀬町と称した。
 そして,平成17年4月,矢本町と鳴瀬町の合併により,東松島市が誕生することになった。

(3)鳴瀬桜華小学校区の概況
 旧小野小学校の学区は,旧町区・浅井・上下堤・根古・高松・新田・西福田など南郷,松島二町と当市矢本地区と接する広大な範囲にわたっている。そのため,上下堤方面,西福田方面は市有バスを利用し通学している。
旧浜市小学校の学区は東日本大震災で壊滅的な被害を受け,市内に分散してる仮設住宅に居住している住民も多く,児童の多くは震災支援バスで通学している。
 基幹産業としては鳴瀬川をはさんで両岸の沢地に開けた耕地による農業があげられるが,一戸あたりの耕地面積が平均一町歩と狭いため,経済的基盤は軟弱である。農業多角経営としての畜産も盛んで,丘陵地帯を利用した牧場では,乳用牛や肉用牛の飼育が行われていたが、高齢化を余儀なくされている。また, 浜市地区では漁業や養殖業も行われていたが,東日本大震災の被害は甚大であった。
 学区内旧町区には,市役所鳴瀬庁舎,小野市民センター,小中学校をはじめとして,商工会等があり,旧国道45号から分かれる市道小野線にそって商店街が形成されている。
 歴史的には,中世深谷の荘を領した長江氏,近世に入って伊東氏,富田氏の本拠地としての盛衰があり,自然の景観をはじめ史跡も多く,由緒ある土地である。
もどる